カレンダー

06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

twitter

プロフィール

Author:橘茂
旧帝国大院卒、某大企業に勤める30代です。
主な投資先は、
・オプション
・インデックスETF
・アメリカ株、リート
・システムトレード(ミラートレーダー)
です。僕自身のポートフォリオは七本の矢ファンドと呼んでいます。
七本の矢ファンド
このブログは資産運用と事業で1億円を目指す冒険の物語です。
『みんな オラに元気を分けてくれ!』

一緒に冒険の仲間になってくださる方や投資関係に興味ある方はルイーダの酒場にてお待ちしております。
ブログランキング

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お世話になっている相互リンク

当ブログはリンクフリーです。 お気軽にどうぞ。 投資・事業ブログなど相互リンクも募集中です。 相互リンクしてくださる方はぜひぜひコメントください。

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマホの紛失に備える

2015.01.25 06:30|役立ち情報

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


リスクに備えるシリーズの続きです。

本当に怖い海外旅行中の病気と怪我
→振り返ってみると、この記事もリスク管理に関する記事ですね。
日常のリスク管理を振り返る
車のキーの紛失に備える
交通事故に備える
防災用ラジオを買ってみる

今回はスマホの紛失対策についてまとめます。
スマホを紛失したり、盗難された方って多いと思います。
『スマホが見つからないので、連絡ある人はフェイスブックのメッセジャーにしてください』ってつぶやく人多いですよね、、、
僕はスマホのヘビーユーザーな方でして、メールや電話はもちろんですが、ネットバンキングやネット証券や日常のメモなどありとあらゆる個人情報がスマホに詰まっています。
スマホは生活インフラにもなっていて、これが無くなったら相当なダメージになります。
ですけど、スマホの紛失対策はほとんど取っていませんでした。
今回は不幸にもスマホを紛失した場合に向けて、事前の対策をまとめます。

1.安心セキュリティパックに登録する
本家本元のauが提供するサービスです。以下のようなサービスを提供してもらえます。

・リモートロック
第三者に使用されないよう、KDDIオペレーターやお客さまのPCから、リモートでスマートフォンのロックおよび解除ができます。

・位置検索
GPS機能がOFFの状態でも、KDDIオペレーターやお客さまのPCからスマートフォンの位置を検索できます。


これ以外にも「お客さまサポート (リモートサポート)」と「ウイルス・Web脅威対策・Webフィルタリング)」といったサービスも提供します。
これで月額300円です。僕は固定費が増えるのは避けたい方なので、気が進みませんが、保守的な方であれば月額300円では満足なサービスではないでしょうか。
auが提供するサービスなので、安心感もありますよね。
ドコモはケータイお探しサービスがあります。事前設定が必要みたいですね。auと違って、月額サービスに入力しなくても、一回300円で探しても貰えるのはうれしいですね。予め事前設定をしておきましょう。
ソフトバンクも紛失ケータイ捜索サービスを提供しています。月額500ですって。ふーん、これは高いですね、、、

2.SeekDroidアプリをインストール
本家本元のauが提供するサービスは月額料金がかかるからちょっと躊躇うという、財布の紐が固い方にはSeekDroidというアプリを使ってみてはどうでしょうか。僕もこれをインストールしてみました。
このアプリは正直すごいです!
使用の流れとしてはまずアプリをインストールして、簡単な設定をします。
その後、パソコンでSeekDroidのホームページにアクセスして、ログインします。
そうすると、現在のスマホの位置を確認できるのです。GPS機能をONにすると、位置情報は正確ですが、OFFの場合はやや不正確ですね。
それ以外にも自分のスマホにメッセージを送ることができたり、パスワードを新たに設定することができたり、データを削除できたりします。
無料でこの機能には驚きです。
月額料金を支払うと、更に機能を追加できるようです。
難点としては、英語ということです。後は所詮無料アプリなので、どこまで信用できるのかは疑問が残りますね。
アプリの管理会社もしくは個人がサービスを停止してしまったらもう終わりです、、、
その点auの信頼感の方がずっと厚いですよね。

ちなみに、このアプリをインストールすることで不都合があっても責任は取れませんので、自己判断で利用してくださいね。

3.自分の名前と電話番号(固定電話)、メールアドレスを記入したものをスマホに付属しておく
古典的ですけど、効果が期待できる方法だと思います。固定電話を持っている人でしたら、スマホを見つけた人が連絡をくれるかもしれませんね。警察に届けれらた場合でも警察の方がアクセスしてくださるかもしれません。
アイフォンのように市場価値が高くて、転売目的のために盗難された場合は厳しいでしょうが、、、

4.Androidデバイスマネージャーを使う
2のソフトに似てるのですが、Googleのウェブサービス「Androidデバイスマネージャー」を使うと、端末の現在位置を表示したり遠隔操作することができます。もちろん手元にない、失くした端末でもです。
このサービスからできることは以下のとおり。
・GPSにより現在位置の表示
・着信音を鳴らす
・端末のロック
・端末内データの消去

5.警察の遺失物の公表ページをアクセス
もしも警察に届け出られ、すでに遺失物センターに届いている場合は検索できます。マザーテレサのように心優しい人に拾われていると祈って、日時や場所を入力してみてみましょう。

6.落し物ドットコム
こうゆう無料サービスもあるので、活用してみましょう。

①落し物対処法の確認
落し物ドットコムには物や場所別の落し物対処法がまとめられています。落し物をしてしまったらまずは落ち着いて対処法を確認しましょう。

②落し物の場所を検索
落としたエリアやカテゴリなどで落し物情報を検索することができます。あなたの落し物が登録されているかまずは検索してみましょう。

③落し物情報の登録
拾った落し物や落とした落し物の情報を投稿してたくさんの人に見てもらいましょう。
落し物情報の登録には会員登録(無料)が必要です。

④落し物情報のシェア
投稿された落し物情報をTwitterやFacebookを使って多くの人と落し物情報をシェアしましょう。ソーシャルの力で落し物を持ち主の手に届けましょう。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。