カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

twitter

プロフィール

橘茂

Author:橘茂
旧帝国大院卒、某大企業に勤める30代です。
主な投資先は、
・オプション
・インデックスETF
・アメリカ株、リート
・システムトレード(ミラートレーダー)
です。僕自身のポートフォリオは七本の矢ファンドと呼んでいます。
七本の矢ファンド
このブログは資産運用と事業で1億円を目指す冒険の物語です。
『みんな オラに元気を分けてくれ!』

一緒に冒険の仲間になってくださる方や投資関係に興味ある方はルイーダの酒場にてお待ちしております。
ブログランキング

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お世話になっている相互リンク

当ブログはリンクフリーです。 お気軽にどうぞ。 投資・事業ブログなど相互リンクも募集中です。 相互リンクしてくださる方はぜひぜひコメントください。

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

2014.12.27 06:30|本・web

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>




著者のサイトをよく見るのですが、この本もわかりやすくてためになります。強いて言うなら色々なトピックスを扱っているので、テーマを絞ってもう少し深く話を展開してほしかったです。
いつも通り、ためになった内容をまとめておきます。

・2020年夏季オリンピックの予算は総額7,800億円。主催者の予算3,420億円と非主催者(つまり東京都など)の予算4,380億円を合算。
・経済波及効果は建設費用が0.918兆円、それ以外が0.948兆円。総額は1.87兆円。
→建設業の業界規模が約15兆円なので、それなりのインパクトはありそうですね。
・ロンドンオリンピックの場合、開催年直前の3年間に建設支出は集中。
・MarketHack流投資術10カ条
①営業キャッシュフローのよい会社を買え
②保有銘柄の四半期決算のチェックを怠るな
③業績・株価の動きが荒々しい銘柄と、おとなしい銘柄をうまく使い分けろ
④分散投資を心がけろ
⑤投資スタイルを使い分けろ
⑥長期投資と短期投資のルールを守れ
⑦マクロ経済がわかれば、投資家としての洗練度が格段に上がる
⑧市場のセンチメントを軽視する奴は儲けの効率が悪い
⑨安全の糊代をもて
⑩謙虚であれ(投資の勉強に終わりはない)
・株を購入するということは調べ物の終了を意味するのではなく、勉強の始まりを意味する。持ち株の業績をフォローする。
・グロース投資で株を買った直後から利が乗り始めないのなら、銘柄選択や買うタイミングを間違った可能性が高い。すぐ処分せよ。
・トレーディング(短期投資)の場合、ポジションを建てた直後から利が乗り始めないと、やっていることがどこか間違っている。
・心の葛藤なく買った株は、大損することが多い。
・トレード日誌には銘柄とエントリーの時間と、手仕舞いの時間を書き留めておくこと。日中足のチャートを印刷し、貼り付ける。
・以下重要指標。
【ユーロ圏製造業購買担当者指数(PMI)】
発表のタイミング:毎月最初の営業日。日本時間8:00PM。
【米国ISM製造業景況指数】
発表のタイミング:毎月第1営業日。日本時間0:00AM。
【米国雇用統計】
発表のタイミング:毎月第1金曜日。日本時間10:30PM。
【ユーロ圏GDP】
発表のタイミング:四半期を〆た約2か月後。日本時間7:00PM。
【ドイツZEW景況感調査】
発表のタイミング:調査月と同じ月の半ば。日本時間7:00PM。
【米国住宅着工件数・建設許可件数】
発表のタイミング:毎月15日前後。日本時間10:30PM。
【米国小売売上高】
発表のタイミング:毎月15日前後に先月の数字が発表される。日本時間10:30PM。
【米国消費者物価指数】
発表のタイミング:毎月15日前後に先月の数字が発表される。日本時間10:30PM。
【米国GDP】
発表のタイミング:通常各月の第4週の金曜日。日本時間10:30PM。
【米国消費者信頼感指数】
発表のタイミング:各月の最後の木曜日。日本時間0:00AM。
・ロングオンリー(買いから入る投資手法)の運用は敗者のゲームで、より多くミスを犯した選手が負けるという考え方。
ミスとは具体的には、
①無駄な売買を繰り返し、手数料コストばかりかかる。
②そもそもフィーの割高な金融商品に手を出す。
③相場のタイミングを誤り、怖くなって安値で売ってしまう。
・インデックス投資の弱点は、マーケットは長期で右肩上がりであることを前提にしている点である。
・新興国の通貨が高くなると、それは輸出競争力の減退を招く。輸出の不振は景気の悪化を招き、それは新興国からの投資資金の離散の原因となる。ある新興国の通貨が健全であるかどうかをチェックする出発点はまず輸出に注目することである。現在の輸出額がピークより5%以上落ち込んだら要注意である。
・経常収支が赤字で、しかも通常の赤字幅を逸脱して赤字が拡大中なら要注意。
・外貨準備が減り始めたら赤信号。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。