カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

twitter

プロフィール

橘茂

Author:橘茂
旧帝国大院卒、某大企業に勤める30代です。
主な投資先は、
・オプション
・インデックスETF
・アメリカ株、リート
・システムトレード(ミラートレーダー)
です。僕自身のポートフォリオは七本の矢ファンドと呼んでいます。
七本の矢ファンド
このブログは資産運用と事業で1億円を目指す冒険の物語です。
『みんな オラに元気を分けてくれ!』

一緒に冒険の仲間になってくださる方や投資関係に興味ある方はルイーダの酒場にてお待ちしております。
ブログランキング

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お世話になっている相互リンク

当ブログはリンクフリーです。 お気軽にどうぞ。 投資・事業ブログなど相互リンクも募集中です。 相互リンクしてくださる方はぜひぜひコメントください。

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人が買うと日本の株価は上がるのか

2014.11.30 06:30|国内株式

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


日本株の動向として、安値で外国人が買い出し、株価が上がったところで個人がそれに飛びつき、株価の天井で外国人が売ると言われていますが、それを検証するためには
東証:投資部門別売買状況(過去データ)
を参考にすればいいと思います。
データの内容としては、『法人』『個人』『海外投資家』『証券会社』のそれぞれの売買代金が週間、月間、年間でまとめられています。
売買代金と日経平均(もしくはTOPIX)辺りとの相関係数をエクセルでさっと計算すれば、相関関係(例えば海外投資家が買ったら株価がどう影響を受けるのか)がわかります。

東証一部銘柄での最近の海外投資家が買いと売りがどちらの売買代金が多いかは以下の通りです。
2014年10月3週(10月14日~10月17日) :売り
2014年10月4週(10月20日~10月24日):売り
2014年10月5週(10月27日~10月31日):買い
2014年11月1週(11月4日~11月7日) :買い
2014年11月2週(11月10日~11月14日) :買い
東証一部で構成している指数はないので、東京証券取引所第一部に上場する約1700銘柄の株式のうち225銘柄を対象にしている日経平均株価の動向を見てみると、10月4週を除くと、外国人が売ると株価は下がり、買うと株価が上がる傾向はありそうですね。
この情報の掲載ですが、東証 投資部門別売買状況(株券/CB)によると、毎週第4営業日つまり毎週木曜の15時頃に前週の売買動向が発表されます。

外国人と日経平均
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。