カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

twitter

プロフィール

橘茂

Author:橘茂
旧帝国大院卒、某大企業に勤める30代です。
主な投資先は、
・オプション
・インデックスETF
・アメリカ株、リート
・システムトレード(ミラートレーダー)
です。僕自身のポートフォリオは七本の矢ファンドと呼んでいます。
七本の矢ファンド
このブログは資産運用と事業で1億円を目指す冒険の物語です。
『みんな オラに元気を分けてくれ!』

一緒に冒険の仲間になってくださる方や投資関係に興味ある方はルイーダの酒場にてお待ちしております。
ブログランキング

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お世話になっている相互リンク

当ブログはリンクフリーです。 お気軽にどうぞ。 投資・事業ブログなど相互リンクも募集中です。 相互リンクしてくださる方はぜひぜひコメントください。

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは使えますね!オプションを活用した暴落対策です

2015.11.01 06:30|オプション・商品

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


僕は保守的な投資家なので、投資をしている以上頭の片隅から暴落が抜けることはありません。
マニアックな投資ブログにも関わらず、『株式市場の暴落なんて全く関係ないぜ!』と思われるロックな方も
いらっしゃるかもしれませんね。
しかし、それは甘い!甘い!甘いぜよ!(売れた赤いスイカで糖度12ぐらいですね)

株式市場が暴落しているときは、その後実態経済にも波及するので、
残業抑制→ボーナス縮小→昇給停止→新規雇用停止→人材リストラ
という流れになります。
あなたが絶賛タイタニック号となりつつある電機業界であれば(例えばですよ)、最悪早期退職の対象となってしまうかもしれませんね。
しかし、シャープはやばいですね、、、
最近は細かくフォローしていませんが、儲かる事業が残っていないので、事業リストラとか人材リストラしてもなかなか復活しませんよ。
新事業を育てるにも最低5年ぐらいはかかるでしょうし、社内がバタバタしてリソースを新事業に投下できないでしょうし。

さて、本題に行くまでに大分脱線してしまいました。
例えば、マイクロソフト(MSFT)の株を30ドルで500株購入した後に、一時的と思われる悪いニュースに市場が過剰反応して、
株価が18.5ドルに急落したとします。40%近い下げですが、ようやく下げ止まりの気配が見えてきたとします。
よく行われる方法は、500株を買い増す方法です。いわゆるナンピン買いです。しかし、この方法では、更に9,250ドル(=18.5ドル×500株)の追加資金が必要なこと、更なる株価下落時の損失額も倍となるなどの欠点があります。

残存期間が535日のLEAPS コールの取引価格
18コール:12.90ドル
24コール:6.60ドル

そこで、LEAPSのコールを使って、30ドルで買ったMSFT株を修理します。
まず、現在の株価18.5ドルより少しだけ低い権利行使価格の18コールを5単位買います。
これにより、保有している株式500株を合わせて、潜在的保有株式は1,000株になるので、それに対応して、
24コールを10単位売ります。売り建てるコールの権利行使価格は株式購入価格(30ドル)と買ったコールの
権利行使価格(18ドル)の平均です。
これにより150(=6.60×1,000-12.90×500)ドルの現金収入を得ます。
このように、最初の段階で、新たな現金を必要としない点でも、この戦略はナンピン買いより優れています。
もし、満期日に株価が18ドル以下になった場合は、リペア戦略を使っても当初の株式投資と同じ損失となりますが、
オプションのプレミアムを得た分だけ、得をします。

株価が18ドル以上に上がった場合は、18コールはインザマネーになるので、いつでも18ドルで500株を追加購入できます。
追加購入すれば、平均購入価格を24ドルに引き下げることができます。
追加購入するかどうかは、すぐに決める必要はありません。
このリペア戦略は、株価が18ドル以上24ドル以下の場合、株価下落時の損失額を倍にすることなく、株価上昇時の利益額を
当初の倍にすることができる非常に優れた方法です。

満期日の損益(満期日株価:24ドル)
18コール:9ドル
24コール:3ドル
株価が27ドルになった場合、オプションの損益は1500(=(9-3×2)×500)ドルの含み益で、なお500株の株式を持っています。

満期日の損益(満期日株価:30ドル)
18コール:12ドル
24コール:6ドル
更に株価が30ドルに上がれば、オプションの損益は0となりますが、株式の含み損もなくなります。

参考図書です。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。