カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

twitter

プロフィール

橘茂

Author:橘茂
旧帝国大院卒、某大企業に勤める30代です。
主な投資先は、
・オプション
・インデックスETF
・アメリカ株、リート
・システムトレード(ミラートレーダー)
です。僕自身のポートフォリオは七本の矢ファンドと呼んでいます。
七本の矢ファンド
このブログは資産運用と事業で1億円を目指す冒険の物語です。
『みんな オラに元気を分けてくれ!』

一緒に冒険の仲間になってくださる方や投資関係に興味ある方はルイーダの酒場にてお待ちしております。
ブログランキング

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お世話になっている相互リンク

当ブログはリンクフリーです。 お気軽にどうぞ。 投資・事業ブログなど相互リンクも募集中です。 相互リンクしてくださる方はぜひぜひコメントください。

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルバー(銀)投資について 続き

2014.10.05 06:30|オプション・商品

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


先日銀が割安だという記事をアップしましたが、それの続きになります。
以下のネットや本を参考にまとめてみたコメントです。
・銀の価格は金と相関関係がある
・2013年の銀需要量は過去最高を記録し、供給量を超えた
・1オンス20ドルを割り込むと値ごろ感がある
・銀/アメリカドルはXAG/USD
・銀/アメリカドルのチャートはこのようなサイトで確認
・ちなみに金/アメリカドルXAU/USD
・割安さの指標がない
・銀と金の価格差で割安さを判断する方法もあるが、歴史的には金は銀の16倍~100倍程度。
現時点では銀が1オンス16.85ドル、金が1オンス1191.58ドルで約71倍。
・長期的にはドルが上がると、金が下がる
・産金会社の金の採算費用は1オンス1306ドル(2013年4月)

株価はPERやPBRの指標で割安さを測れますが、シルバーの場合、割安さの指標がないのが判断の難しいところです。
銀と金の相関関係は高く、歴史的に見て、金に比べて銀の方が割安なので購入するならば銀の方がいいでしょう。
金の採算費用が1オンス1300ドル程度なので、1200ドルでは産金会社は赤字になるので、採算量を絞る、つまり供給が減る方向に動きそうです。そうなると、需要量より供給量が上回り価格が上がっていきます。アメリカ経済が好調でしばらくはドルが強そうなので、金が下がるトレンドも継続しそうです。しばらくは静観して、底値が見えた段階で、ドルコストで少額ずつETFを買っていこうかと思います。

参考

金相場を叩きつけるドル高
産金会社、金相場1300ドル下回ると不採算に陥る恐れ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。