カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

twitter

プロフィール

橘茂

Author:橘茂
旧帝国大院卒、某大企業に勤める30代です。
主な投資先は、
・オプション
・インデックスETF
・アメリカ株、リート
・システムトレード(ミラートレーダー)
です。僕自身のポートフォリオは七本の矢ファンドと呼んでいます。
七本の矢ファンド
このブログは資産運用と事業で1億円を目指す冒険の物語です。
『みんな オラに元気を分けてくれ!』

一緒に冒険の仲間になってくださる方や投資関係に興味ある方はルイーダの酒場にてお待ちしております。
ブログランキング

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お世話になっている相互リンク

当ブログはリンクフリーです。 お気軽にどうぞ。 投資・事業ブログなど相互リンクも募集中です。 相互リンクしてくださる方はぜひぜひコメントください。

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オプショントレードを始めてみました

2015.08.16 06:30|トレード

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


いよいよIB証券でオプションを始めてみました。
IB証券口座を開こうと動き出してから大分時間がかかりました、、、
しかし、毎日コツコツと継続することが大事ですよね。
さて、記念すべきオプション取引の第一号は、
IWM 1セット 116ドル プット売り 9/18 1.31ドル
IWM 1セット 114ドル プット売り 9/18 1.06ドル

いきなりオプションだとか、プットとか、カバードコールとか訳のわからない言葉を連発していますが 笑、オプションについてはいつか自分の学習の意味も含めて、ブログでまとめたいと思います。

・IWMはiShares Trust - iShares Russell 2000 ETFのことです。

・手数料は1.10ドルでした。

・株価が軟調な局面なので、資金がいきなり拘束されるカバードコールは避けたかったので、プット売りから始めました。
現在の株価が120ドル程度で、あまり原資産を買いたくもないので、116ドルをプット売りにしました。
なぜ116ドルなのかと言われると明確な根拠はないのですが、120ドルに対して、3.3%安いので、仮にexerciseされたとしても、つまりIWMを買うことになっても多少ディスカウントされていた方がいいだろうという考えからでした。
単に時間価値を最大に高めるのであれば、120ドルとかでもいいのですけど。

・なぜIWMを選択したかというと、元々はSPY(S&P500)をプット売りの対象にしようかと思っていたのですが、SPYだとカバードコールに移行した際に200ドルと高く、オプションは最小売買単位が100なんで、つまりプット売りから原資産を購入する流れになったとき、今の為替相場では、240万円資金を拘束されるわけです。
僕はIB証券にとりあえず200万円しか入金していないので、要は資金不足なんですよ。
そこで、流動性が高く、値動きがマイルドでこの先右肩上がりに株価が上がりそうで、株価もそこそこ安いことが条件で探したところ、IWMが該当したわけです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。