カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

twitter

プロフィール

橘茂

Author:橘茂
旧帝国大院卒、某大企業に勤める30代です。
主な投資先は、
・オプション
・インデックスETF
・アメリカ株、リート
・システムトレード(ミラートレーダー)
です。僕自身のポートフォリオは七本の矢ファンドと呼んでいます。
七本の矢ファンド
このブログは資産運用と事業で1億円を目指す冒険の物語です。
『みんな オラに元気を分けてくれ!』

一緒に冒険の仲間になってくださる方や投資関係に興味ある方はルイーダの酒場にてお待ちしております。
ブログランキング

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お世話になっている相互リンク

当ブログはリンクフリーです。 お気軽にどうぞ。 投資・事業ブログなど相互リンクも募集中です。 相互リンクしてくださる方はぜひぜひコメントください。

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カリスマ・ファンドマネジャー 清原達郎(タワー投資顧問運用部長) 手の内を明かす

2015.05.01 06:30|本・web

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


この記事が非常に参考になったので紹介します。
清原達郎さんって04年の高額納税者番付で首位に立ち、「推定年収100億円」のスーパーサラリーマンとして騒がれたらしいですね。
僕はまだ社会人になってなかったので、よくわからないのですけど、サラリーマンで納税者番付のトップに立つってすごすぎますね。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/42773
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/42774

要旨をまとめると、

・インフレにならない限り日本銀行はなにをやっても許されるので、ブル(強気)相場はまだ続く可能性がある。

・日本株の大相場はこれで最後。

・1つ目の理由は、人口動態の問題です。団塊の世代がいま65歳を突破し、10年後には75歳超。現在、40代前半の団塊ジュニアと呼ばれる世代にしても、10年後には子育てを終える。となれば、今後は内需にはまったく期待ができません。日本全体で消費活動が減退していくのは明らかです。

・2つ目の理由は、自動車産業があと10年程度で衰退する運命にあるということです。日本の自動車メーカーは素晴らしい経営をしていますが、どんなにいい経営者をもってしても、これから10年の間に起こる大きな構造変化には耐えきれません。電気自動車の時代が到来するからです。

・日本経済は、しんどいことになりますよ。あまりにも自動車産業に依存する構造になっていますから。1次下請け、2次下請け、3次下請けがあり、企業城下町がある。最近では、家電や半導体で海外企業に敗北したエレクトロニクス産業が自動車向け製品に傾斜しており、日本経済の自動車依存の構造は広がるばかりです。

・現在のブル相場がどこまで続くかといえば、長くても、安倍晋三総理と日銀・黒田東彦総裁の任期の間でしょう。ともに2018年が任期満了ですが、最後の1年はだれると思うので、堅調な株式相場はよくてあと2年くらいになりそうです。

・すでにロングで儲かっている人は、もうそろそろ売り始めて、今後2年くらいかけて売りきっていくというのが正しい選択になると思います。日経225のようなインデックスファンドに投資をしている人も、2年以内くらいに処分したほうがいいでしょうね。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。