カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

twitter

プロフィール

橘茂

Author:橘茂
旧帝国大院卒、某大企業に勤める30代です。
主な投資先は、
・オプション
・インデックスETF
・アメリカ株、リート
・システムトレード(ミラートレーダー)
です。僕自身のポートフォリオは七本の矢ファンドと呼んでいます。
七本の矢ファンド
このブログは資産運用と事業で1億円を目指す冒険の物語です。
『みんな オラに元気を分けてくれ!』

一緒に冒険の仲間になってくださる方や投資関係に興味ある方はルイーダの酒場にてお待ちしております。
ブログランキング

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お世話になっている相互リンク

当ブログはリンクフリーです。 お気軽にどうぞ。 投資・事業ブログなど相互リンクも募集中です。 相互リンクしてくださる方はぜひぜひコメントください。

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラートレーダーの最小売買単位を確認する

2015.04.17 06:30|ミラートレーダー

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


株の場合、会社によって最小売買単位が決まっています。
それに対して、FXの場合証券会社によって、最小売買単位が異なります。

例えばドル円で1ドル=120円の時、
最小売買単位が10,000単位の場合、120万円
最小売買単位が1,000単位の場合、12万円
をそれぞれ運用していることになります。
10倍って雲泥の差で、収益も10倍跳ね返ってきます。
儲かっているときはいいですけど、損する時は恐ろしいですよね 苦笑

最小売買単位が小さいことのメリットとして、最大ドローダウンを小さくなることによる
精神衛生が保てることです。
もう一つ重要な点として、同時に多数のシステムを運用することが可能になることです。
これにより、相関係数の低い多数のシステムを並列に運用することで、
損益をマイルドにして、安定的に運用することが可能になります。
インデックスファンドの分散投資みたいなものですね。

さて、システムトレードを提供している証券会社各社の2015/3/20現在の最低売買単位を
まとめておきます。
インヴァスト証券、シストレ24  5,000通貨
セントラルミラートレーダー    5,000通貨
アヴァトレード           1,000通貨
FXトレードフィナンシャル  10,000通貨
FXCM                 5,000通貨
みんなのシストレ         1,000通貨
FXDD                1,000通貨

○ミラートレーダーを始めるならFXDDFinalCashBackの組み合わせをお勧めします。

・1000通貨単位取引が可能
・レバレッジ500倍
・スプレッドが極小
FinalCashBackより口座開設すると0.75Pipsキャッシュバック有り
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。