カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

twitter

プロフィール

橘茂

Author:橘茂
旧帝国大院卒、某大企業に勤める30代です。
主な投資先は、
・オプション
・インデックスETF
・アメリカ株、リート
・システムトレード(ミラートレーダー)
です。僕自身のポートフォリオは七本の矢ファンドと呼んでいます。
七本の矢ファンド
このブログは資産運用と事業で1億円を目指す冒険の物語です。
『みんな オラに元気を分けてくれ!』

一緒に冒険の仲間になってくださる方や投資関係に興味ある方はルイーダの酒場にてお待ちしております。
ブログランキング

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お世話になっている相互リンク

当ブログはリンクフリーです。 お気軽にどうぞ。 投資・事業ブログなど相互リンクも募集中です。 相互リンクしてくださる方はぜひぜひコメントください。

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜシステムトレードを開始しようと思ったのか

2015.03.01 06:30|トレード

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


システムトレードの準備を地道に継続しています。
そもそもなぜシステムトレードにやろうと思ったのかをブログにまとめておきます。
多くの方、特に個人トレーダーの場合、裁量トレードを行っているでしょう。
たくさんの経験を必要とする裁量トレードを修得するには時間もかかるでしょうし、何よりすぐに勝てるとは限らないので多額の資金を失うかもしれません。

僕の場合、そもそも投資は脳内麻薬をドバドバ出すためにやっているわけではなくて、プラスのリターンを出すためにやっています。(多くの投資家はそうでしょうが 笑)
それならば、再現性のある勝つ方法でやらないといけませんね。
再現性をあるかどうかを確かめるためには、株価の過去データの検証が必要になる訳です。
そもそも僕がブログのタイトルとして、科学者の投資日記と名付けたのも、感情のおもむくままトレードをするのではなく、
再現性のある決められたルールに従ってトレードを行いたいと思ったからです。

科学の場合、リンゴは誰が落としても地球に落下しますし、何度やっても熱い物体から冷たい物体に熱は伝わるので、
厳密に再現性を持っています。
しかし、投資の場合、マーケットの参加者も上場企業数も株式市場のルールも刻一刻と変わりますので、厳密な再現性はないと思います。
とはいえ、多くのプレイヤーが参加している市場には再現性がある傾向ぐらいはあるだろうと思っています。
その再現性ある傾向をつかむことによって、金銭的リターンを実現しようとするのがシステムトレードです。

このブログは僕という一人の人間が、システムトレードを通して自己実現していくというノンフィクションのドラマを実況中継する場でもあるのです。
今後の展開にご期待ください 笑
それにしても久しぶりのプログラミングはしんどいです、、、
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。