カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

twitter

プロフィール

Author:橘茂
旧帝国大院卒、某大企業に勤める30代です。
主な投資先は、
・オプション
・インデックスETF
・アメリカ株、リート
・システムトレード(ミラートレーダー)
です。僕自身のポートフォリオは七本の矢ファンドと呼んでいます。
七本の矢ファンド
このブログは資産運用と事業で1億円を目指す冒険の物語です。
『みんな オラに元気を分けてくれ!』

一緒に冒険の仲間になってくださる方や投資関係に興味ある方はルイーダの酒場にてお待ちしております。
ブログランキング

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お世話になっている相互リンク

当ブログはリンクフリーです。 お気軽にどうぞ。 投資・事業ブログなど相互リンクも募集中です。 相互リンクしてくださる方はぜひぜひコメントください。

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経225先物必勝トレード術-幸せなお金持ちになるための-

2014.12.31 06:30|本・web

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


僕はインデックス投資の分散投資を主力に投資を行っています。株などのリスク資産の割合にもよりますが、年間のリターンとしてはせいぜい3~7%が期待できるところだと思います。たとえば、資産が2億ある人の場合、リターンが5%で1000万円となり、投資収益だけでも生活できると思いますが、普通の人はそんな金融資産を持っている人はいないですよね。もちろん僕もそうです(笑)
億単位の金融資産を持った場合、債券やリート、現物不動産などのインカムゲインの投資主体にして、リスクを抑えていけばいいでしょうけど、そこに到達するまではある程度リスクをとって、つまり肉食系の投資をしていかないとそこまで到達できないと思います。もしくは事業を起こしたりして、ホームランを打って億単位の資産を作るという方法もあるかもしません。

前置きが長くなったのですが、市場平均のリターンを狙うインデックスファンド主体の投資では限界があるので、市場平均を超えるリターンを狙うためにはやはりトレードを行う必要があるかなと考え、最近勉強中です。



まずはこちらの本を読んでみました。感想としては、断片的に勉強となる部分があったのですが、テクニカル主体のトレードは科学的なのだろうか、つまり本当に再現性があるのだろうかという疑問が生じます。作者もテクニカルはあてにならないと書いていますが(笑)
あとは、裁量トレードではどうしても感情が入り込んでしまうため、最終的にはシステムトレードに行き着くだろうと思いました。
いつも通り簡単にまとめておきます。
・上昇トレンドとは、高値が切り上がり、安値も切り上がっている状態。
・下降トレンドとは、高値が切り下がり、安値も切り下がっている状態。
押し目買をするというのは、下落中に買うことではありません。下落が止まって調整終了となり、上昇開始となった時点で買うのです。
・需要が供給より上であれば、株価は上がる。
・供給が需要より上であれば、株価は下がる。
・直近高値近辺では利食いの売り注文を出します。また新規での売り仕掛けをする参加者が多くなります。つまり、供給である売り手が需要である書い手の数を上回るのです。そして株価は下落する。
・直近安値近辺では利食いの買い注文が出ます。また新規での買い仕掛けをする参加者が多くなります。つまり、需要である買い手が供給である売り手の数を上回るのです。そして株価は底を打ち上昇します。
・睡眠不足や体調不良で相場に臨むな。
・分割売買の利点は、
→収益を安定させることができる。
→利益を伸ばすことができる。
→負けがない状態の精神状態をつくることができる。
・トレイリングストップを活用する。トレイリングストップとはロスカット価格を自分の思惑通りの動き、利益の上がっている方向に移動するストップ。利益を確保しながら利益を伸ばすというストップの手法。
・トレード前のチェックリストを作成する。
・金融リスクの中には、市場関連リスク、信用リスク、経営管理リスク、カントリーリスク、など様々なリスクがあります。このような金融リスクがある中でデイトレードの場合は、「価格変動リスク」に特化できるというメリットがあります。
・短期売買には行動心理学でいう「所有効果」というものがほとんど影響しません。「所有効果」とは、他人が持っていたときにはあまり気にならなかったのだが、いざ自分が所有してみると急にすばらしいものに思えてくるということ。
・手数料は長期投資よりデイトレードの方が高い。
スポンサーサイト

MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

2014.12.27 06:30|本・web

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>




著者のサイトをよく見るのですが、この本もわかりやすくてためになります。強いて言うなら色々なトピックスを扱っているので、テーマを絞ってもう少し深く話を展開してほしかったです。
いつも通り、ためになった内容をまとめておきます。

・2020年夏季オリンピックの予算は総額7,800億円。主催者の予算3,420億円と非主催者(つまり東京都など)の予算4,380億円を合算。
・経済波及効果は建設費用が0.918兆円、それ以外が0.948兆円。総額は1.87兆円。
→建設業の業界規模が約15兆円なので、それなりのインパクトはありそうですね。
・ロンドンオリンピックの場合、開催年直前の3年間に建設支出は集中。
・MarketHack流投資術10カ条
①営業キャッシュフローのよい会社を買え
②保有銘柄の四半期決算のチェックを怠るな
③業績・株価の動きが荒々しい銘柄と、おとなしい銘柄をうまく使い分けろ
④分散投資を心がけろ
⑤投資スタイルを使い分けろ
⑥長期投資と短期投資のルールを守れ
⑦マクロ経済がわかれば、投資家としての洗練度が格段に上がる
⑧市場のセンチメントを軽視する奴は儲けの効率が悪い
⑨安全の糊代をもて
⑩謙虚であれ(投資の勉強に終わりはない)
・株を購入するということは調べ物の終了を意味するのではなく、勉強の始まりを意味する。持ち株の業績をフォローする。
・グロース投資で株を買った直後から利が乗り始めないのなら、銘柄選択や買うタイミングを間違った可能性が高い。すぐ処分せよ。
・トレーディング(短期投資)の場合、ポジションを建てた直後から利が乗り始めないと、やっていることがどこか間違っている。
・心の葛藤なく買った株は、大損することが多い。
・トレード日誌には銘柄とエントリーの時間と、手仕舞いの時間を書き留めておくこと。日中足のチャートを印刷し、貼り付ける。
・以下重要指標。
【ユーロ圏製造業購買担当者指数(PMI)】
発表のタイミング:毎月最初の営業日。日本時間8:00PM。
【米国ISM製造業景況指数】
発表のタイミング:毎月第1営業日。日本時間0:00AM。
【米国雇用統計】
発表のタイミング:毎月第1金曜日。日本時間10:30PM。
【ユーロ圏GDP】
発表のタイミング:四半期を〆た約2か月後。日本時間7:00PM。
【ドイツZEW景況感調査】
発表のタイミング:調査月と同じ月の半ば。日本時間7:00PM。
【米国住宅着工件数・建設許可件数】
発表のタイミング:毎月15日前後。日本時間10:30PM。
【米国小売売上高】
発表のタイミング:毎月15日前後に先月の数字が発表される。日本時間10:30PM。
【米国消費者物価指数】
発表のタイミング:毎月15日前後に先月の数字が発表される。日本時間10:30PM。
【米国GDP】
発表のタイミング:通常各月の第4週の金曜日。日本時間10:30PM。
【米国消費者信頼感指数】
発表のタイミング:各月の最後の木曜日。日本時間0:00AM。
・ロングオンリー(買いから入る投資手法)の運用は敗者のゲームで、より多くミスを犯した選手が負けるという考え方。
ミスとは具体的には、
①無駄な売買を繰り返し、手数料コストばかりかかる。
②そもそもフィーの割高な金融商品に手を出す。
③相場のタイミングを誤り、怖くなって安値で売ってしまう。
・インデックス投資の弱点は、マーケットは長期で右肩上がりであることを前提にしている点である。
・新興国の通貨が高くなると、それは輸出競争力の減退を招く。輸出の不振は景気の悪化を招き、それは新興国からの投資資金の離散の原因となる。ある新興国の通貨が健全であるかどうかをチェックする出発点はまず輸出に注目することである。現在の輸出額がピークより5%以上落ち込んだら要注意である。
・経常収支が赤字で、しかも通常の赤字幅を逸脱して赤字が拡大中なら要注意。
・外貨準備が減り始めたら赤信号。

海外ETFのVBを購入しました

2014.12.26 06:30|ポートフォリオ・投資方針

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


先日の記事にあったように株価のタイミング的には少し遅いかなとは思いましたが、12/24に116.80 US$で10株購入しました。
今後の方針でアップしたようにアメリカ経済は緩やかに経済成長していくという見通しを持っているので、今後も下落局面では積極的に買い増す予定です。

ドル円が120円を超えてきたので、そろそろ為替ヘッジの準備をしておかないといけませんね。
為替ヘッジはFXでドルを売って、円を買う予定です。
あとは、為替ヘッジなしタイプのインデックスファンドを売って、その資金で為替ヘッジありのインデックスファンドを購入したいと思います。

30分で判る 経済の仕組み Ray Dalio

2014.12.24 06:30|本・web

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>




ネットで大分拡散していたので僕も見てみました。
経済の本質について簡単にまとまっていて、非常にわかりやすかったです。
特にバブルについては、新しい気づきがあり、更に深く理解して、経済指標に着目すると、バブルの兆候はある程度予測できるかもしれません。
ただし、30分でわかるとうたってますが、さすがに一回さらっと見ただけでは深くは理解できないと思います。何度か見直す必要がありますね 笑

簡単にですが、まとめておきます。
・取引(買い物)をする時は、現金とクレジット(借金)の組み合わせで行う。
・借り手がクレジットを得ると支出額を増やせる。
・支出が経済を押し上げる。ある人の支出はある人の収入となるからである。
・ある人の収入が増えると貸し手は貸出額を増やそうとする。借り手の信用力(クレジット)が増えたからである。
・借金と比べて収入が大きいと返済能力が増えます。収入が増えるともっと借りることができ、支出を増やせます。ある人の支出はほかの人の収入となるのでもっと借りることができようになる。この好循環が経済の成長につながる。
・債務には二つの大きな周期があり、一つは5年から8年の周期で、もう一つは75年から100年の周期。
・借金をすることは、支出を前倒しすること。将来、返済のため収入より支出を減らす時が来る。
・アメリカのクレジットの総額は50兆ドルだが、流通しているお金の総額は約3兆ドル。
・支出と収入が生産高より速いスピードで増えると、価格が上昇し始める。価格の上昇はインフレを招く。
・クレジットが簡単に得られると経済は拡大し、クレジットの獲得が難しいと不景気になる。
・債務額がだんだん大きくなり返済額が増えてくる。返済額が所得より速いスピードで増える時がくる。すると人々は支出を抑え、所得が減少し、クレジットが消滅し、資産価値が急落する。
・耐えきれないほど大きな債務負担を縮小する4つの方法は、
1.人・ビジネス・政府が支出を縮小する。
2.債務は不履行となり、また、再編される。
3.資産は富裕層からそれ以外に再分配される。
4.中央銀行が新しい紙幣を印刷する。
・債務の利子率より所得の成長が小さいと債務の返済は不可能である。
・最後のまとめ
1.所得の伸びより早く債務を増やすな。
2.生産性の伸びよりも早く所得(支出)を増やすな。
3.生産性向上の努力を惜しむな。

タクティカル・アセットアロケーションについて

2014.12.23 06:30|ポートフォリオ・投資方針

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


僕は現在、インデックスファンドの分散投資を主力にしています。
この投資手法は株価が長期的に右肩上がりであることを前提としているため、失われた10年(もしくは20年?)と言われたアベノミクス以前の日本株に投資した場合は報われませんでした。つまり、今後株価が右肩上がりでなかった場合、報われないことがインデックスファンドの分散投資の弱点です。
また、リーマンショックのような大幅な急落が生じた場合、含み損が生じる可能性がありますが、それに耐えながら根気強く投資しなければいけないのも一つの弱点かもしれません。
インデックスファンドは市場平均を求めるものなので仕方ありませんが、ポートフォリオ全体で5%前後のリターンでは物足りなく感じるのも事実です。

そこで僕は各国のマクロ経済の動向や、株価やリート、為替が割安性などで資産配分を調整する、いわゆるタクティカルアセットアロケーションを実行しています。
これにより、株価暴落からの資産の保全やリターンの向上の狙っています。
僕は10年後に総資産1億円の目標を掲げているのですが、そのためには年率20%以上が必要です。
20%以上とゆうのはかなりの数字なのでタクティカルアセットアロケーションの加えて、何らかの個別トレードをしなければいけないと思い、最近はオプションなどを勉強中です。

オプション税金まとめ

2014.12.22 06:30|税金

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


オプションの税金についてささっと調べたので、備忘録代わりにアップしておきます。

・先物・オプション取引で発生した売買益は、雑所得として申告分離課税20.315%が適用される。

・申告分離課税とは分離課税の一種で、総合課税の勘定とは別に課税される税金であり、確定申告の段階で、他の所得と合算せず、分離して課税する制度をいう。源泉徴収課税と異なり、所得が発生した時点では所得から天引きされない。

・総合課税(そうごうかぜい)とは、複数の所得をまとめて総合的に課税するという所得税の課税方式の一種。

・日経225先物・オプション取引の年間損益は同じ所得区分、課税方式の商品との損益通算が可能。

・オプションは株式とは所得区分、課税方式が異なるため損益の通算はできない。

・オプションはFXとも損益の通算はできない。

・オプションは特定口座で取引できない。

ロシア株式の購入手数料

2014.12.22 06:30|海外株式

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


個別株
・大手ではSBI証券のみ取り扱い
・取引手数料は約定代金の1.2%(税込1.296%)
最低手数料:500ロシアルーブル(税込540ロシアルーブル)
→1080円(1ロシアルーブル=2円)

・為替手数料
円→ルーブルの参考レート:2.115円
ルーブル→円の参考レート:1.955円
片道の為替手数料は
(2.115円-1.955円)÷2=0.08円
0.08円÷2.035(売り買いの平均値)×100=3.9%
→為替手数料を約4%近く取るとはすごいぼったくりです。 笑
ロシアの個別株に手を出すのは現実的ではないですね。
ちなみにSBI証券の為替取引の際に参考レートと仮計算用レートとゆう言葉がありますが、それに関する説明は、こちらを読んでください。

米国ETF
・iシェアーズ MSCI ロシア・キャップト ETF ERUS・為替手数料:0.21%
→為替手数料は1ドル辺り25銭だから0.25円÷118円×100=0.21%
・購入手数料:0.45%
・信託報酬:0.65%

インデックスファンド
・ノーロードの三井住友ロシア株式オープン・為替手数料:なし
・購入手数料:なし(SBIの場合)
・信託報酬:1.99%
・信託財産留保額:0.3%

ロシア株式はピンポイントで超割安な個別株を購入するためには魅力的だが、購入手数料が高過ぎるため、却下。
超短期0.27年以下の保有ではインデックスファンドの方がコストメリットがあるが、ロシア株式がいつ浮上するかは不明なため、ETFを買うのがよいと考える。

参考
ウクライナ問題で大暴落「ロシア株」の買い時を探った

先進国株式の海外ETF購入について

2014.12.20 06:30|海外株式

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


酔っ払ってパソコンにお茶をかけてしまって、パソコンが故障してしまいました、、、
皆さんもパソコン使用中のドリンクの取り扱いやデータのバックアップに気を付けてください(苦笑)
とゆうことで、しばらくはスマホでブログを更新します。

先進国株式のインデックスファンドがそれなりの金額になってきたので、海外ETFへの乗り換えを検討しています。
なぜ乗り換えを検討するのかと言うと、国内の投資信託ではコストが最安クラスのインデックスファンドといえども本場の海外ETFには負けているからです。
インデックスファンドでさえ一般的な知名度は低いと思いますが、海外ETFはさらにマニアックになるかもしれません。
(ここらへんの事情としては、信託報酬が低く、利益になりにくいインデックスファンドは証券会社も積極的に売り出さないのでしょうね。)
知名度は低いですが、コストはかなり安いです。
代表的なVTは信託報酬が0.18%と非常に安いにも関わらず、先進国から新興国まで幅広く投資することができるファンドになります。
僕は小型株の方がリターンがよくなる傾向があるとゆう理由から、VBを購入する予定です。
本当は小型株かつバリュータイプのETFならばなおいいのですが、残念ながら日本の証券口座では取り扱いがありません。

ところでこのコストですが、VBと外国株式インデックスeの比較をしてみました。
前日の記事で、各証券会社のETFの初期費用を比較しました。
最もローコストなマネックスを採用した場合、20万購入したとき、
為替手数料は
VB:423円(200000円÷118円/ドル×0.25円/ドル)
→為替手数料は1ドル辺り25銭
外国株式インデックスe:0円

購入手数料は
VB:900円(購入手数料は0.45%)外国株式インデックスe:0円

一年間の信託報酬は
VB:280円
外国株式インデックスe:1080円

一年間のコスト合計は
VB:1603円
外国株式インデックスe:1080円

三年になると、
合計
VB:2163円
外国株式インデックスe:3240円

三年ではだいぶ差が出てくるのがわかると思います。
コストをy、年数をxとおくと、それぞれの経過年数後のコストは、
VB:y=0.14x+0.45+0.21
(0.25円/ドル÷118円/ドル×100=0.21%)
→為替手数料は1ドル辺り25銭
外国株式インデックスe:y=0.54x
この連立方程式を解くと、x=1.65年となります。
つまり、1.65年以下しか保有しない人はインデックスファンドの方が得で、それ以上保有するつもりの人は海外ETFの方が得になります。

それにしても、スマホで記事は書きにくいですね~(苦笑)

買い増し

2014.12.19 06:30|ポートフォリオ・投資方針

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


原油価格の低下を発端とした円高株安の調整がありました。
絶好の仕込み局面だと考え、日本株式、先進国株式、先進国リートのアセットクラスのインデックスファンドを購入しました。
本当は海外ETFのVBを購入したかったのですが、スマホではうまく発注ができませんでした、、、

FOMCの発表から株価に早速反発がりましたね。

野村インデックスファンド・新興国債券・為替ヘッジ型

2014.12.18 06:30|海外債券

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


野村アセットマネジメントから野村インデックスファンド・新興国債券・為替ヘッジ型とうファンドが発売されています。このファンドの特徴としては、新興国債券にもかからず為替ヘッジ型だということです。かなり珍しいタイプのファンドなんですが、この為替ヘッジについて改めて再確認したので、備忘録代わりにまとめておきます。

・わが国唯一の為替ヘッジありタイプの新興国債券インデックスファンドです。

・為替ヘッジを行っているため、為替相場の変動の影響を受けることはほとんどありません。しかも、投資対象の新興国債券は全て米ドル建てであるため、ヘッジコストもほとんどかかっていないのです。信用リスク、債券の価格変動リスクを取っていることが安定した収益の源泉なるわけです。

投資信託/海外債券型の投資信託を比較しよう
Funds-i新興国債券・為替ヘッジ型



見積書を確認すると、JP モルガン・エマージング・マーケット・ボンド・インデックス・プラス(円ヘッジベース)がベンチマークであり、
・JPモルガン・エマージング・マーケット・ボンド・インデックス・プラス(円ヘッジベース)は、JP Morgan Emerging Market
Bond Index(EMBI) Plus(USドルベース)をもとに、委託会社がヘッジコストを考慮して算出したものです。
と記述があるので、米ドル建ての新興国債券で、なおかつ米ドルに対して為替ヘッジを入れているようです。
以前紹介した新興国債券ETF(EMB)に為替ヘッジをかけたような商品ですね。

信託報酬などのコストについては、
・信託報酬
前期:75円
今期:76円
・保管費用等
前期:3円
今期:3円
今期の期中高値は12,327円で、期中安値は10,801円で、平均は11,564円のため、
今期のコスト割合=76/11,564×100=0.657%とファンドの設定している信託報酬である0.648%と概ね一致しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。