カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

twitter

プロフィール

Author:橘茂
旧帝国大院卒、某大企業に勤める30代です。
主な投資先は、
・オプション
・インデックスETF
・アメリカ株、リート
・システムトレード(ミラートレーダー)
です。僕自身のポートフォリオは七本の矢ファンドと呼んでいます。
七本の矢ファンド
このブログは資産運用と事業で1億円を目指す冒険の物語です。
『みんな オラに元気を分けてくれ!』

一緒に冒険の仲間になってくださる方や投資関係に興味ある方はルイーダの酒場にてお待ちしております。
ブログランキング

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お世話になっている相互リンク

当ブログはリンクフリーです。 お気軽にどうぞ。 投資・事業ブログなど相互リンクも募集中です。 相互リンクしてくださる方はぜひぜひコメントください。

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特定口座について

2014.11.18 06:30|税金

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


自分の備忘録代わりに特定口座についてまとめておきます。
・特定口座を利用して上場株式等の譲渡をした場合、証券会社が1年分の損益を取りまとめた特定口座年間取引報告書を作成し、翌年の1月末までに交付します。
この「特定口座年間取引報告書」をもとに、簡単に確定申告書類の作成ができます。
さらに、お客様は「源泉徴収あり」か「源泉徴収なし」かのいずれかを選択し、「源泉徴収あり」を選択した場合、証券会社等が投資家に代わって納税してくれるため、確定申告をする必要がありません(確定申告をすることも可能です)。

参考
・SMBC日興証券 特定口座・特別口座・一般口座の違いを教えてください。
・SBI証券 特定口座とは

プロも驚きの安定・高利回り! 海外ETFとREITで始める インカムゲイン投資の教科書

2014.11.17 06:30|本・web

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>




著者は不動産投資を得意とされているようですが、長期的に安定した、高い配当収入を得られる方法を探している個人投資家に向けたインカムゲイン投資の入門書として本書を出されたようです。
海外ETFやREIT、太陽光発電などインカムゲインをテーマに幅広い投資対象を解説しているのですが、私の知らない内容も多数含まれ、たくさんの示唆を与えてくれる本でした。

続きを読む >>

不動産投資まとめ2

2014.11.16 06:30|不動産・リート

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


先日の記事の続きです。

・不動産投資の事業用ローンには連帯保証人は必要か?
やはり必要ですね。連帯保証人を立てないで、保証会社を活用するという手もあるみたいですが、、、

・人口の動向についてのサイト
→国立社会保障・人口問題研究所

・最初に買うなら区分所有と一棟物件のどちらを選ぶべきか?
不動産投資には空室や修繕のリスクがあり常に一定の収入と支出ではないため、ある程度規模がないと収支の振れ幅が大きくなってしまう。区分所有は一棟物件よりリスク(収益のぶれ)は大きく、投資規模は大きいほうが安定している。

・不動産投資の破産する人の割合は?
→2012年9月末の三井住友銀行の問題債権比率(正常先以外)は、貸出総額63.7兆円に対して1.1兆円。ただしこれには不動産投資以外の融資も含まれている。
スルガ銀行の2012年3月期決算短信では住宅ローン、フリーローンの延滞率は0.2%以下とのこと。

・直近(2013年末)では、都心の投資用一棟マンションは震災前に比べて2-3割の値上がりとなっており、現在では、ネット利回りは5%~5.5%(表面7%)、借入金利は1.5~2%、スプレッドは3.5%程度の薄い利益幅のみが残っています。


参考書籍









確定申告についての役立ちサイト

2014.11.15 06:30|税金

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


サラリーマンの方はそろそろ年末調整の時期ですが、確定申告についてまとめておきたいと思ったので、参考になったリンク先をまとめておきます。
今年はアベノミスクの影響もあって、20万円以上の利益を確定した方も多いでしょう。そういった方は忘れずに確定申告が必要ですね。

・国税庁 確定申告書等作成コーナー
→本丸の国税庁の確定申告のサイトです。
電子申請e-taxをしようとすると、電子証明書の取得だったり、ICカードリーダが必要だったりして面倒のようですね。

・サラリーマン副業の白色申告の方法まとめ
→白色申告について図も入れてわかりやすく説明してくれているサイトです。

・副業学校 ネットでお金を稼ぐ サラリーマンの副業がばれない方法
→会社員の方でしたら副業が会社にばれるのは避けたいものですね(笑)

・LANCERSマガジン 白色申告と青色申告の違いとは?
→副業収入が少ない人は白色申告でよさそうですね。事業が本格的で収入が大きい方は、青色申告で控除を申請した方がよさそうですね。

投資信託の基準価額データのダウンロードの方法

2014.11.14 06:30|投資信託・ETF

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


ちょっと前に投資信託の基準価額データをダウンロードして、それぞれのファンドごとの相関係数をエクセルで計算しようと思ったのですが、思いのほかデータのダウンロード先を探すのに苦労しました。
結論として、モーニングスターで各ファンドごとのデータをダウンロードできます。
まさしく灯台もと暗しですね。
参考までに僕も所有しているSMT 新興国債券インデックス・オープンのリンク先を載せておきます。
こちら

こちらは為替になりますが、ライオンFXでもチャートデータがダウンロードできます。
こちら

こちらはメタトレーダーズのヒストリカルデータ(過去データ)のインポート・設定手順を貼り付けておきます。
こちら

別件ですが、モーニングスターには各ファンドの標準偏差(リスク)が表示されていますが、これの算出方法を調べてみたり、エクセルでいじってみたりしたのですが、よくわかりません、、、(汗)
どなたかご存知の方がいらっしゃたら教えてくれませんか~

不動産投資まとめ

2014.11.13 06:30|不動産・リート

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


先日の記事にアップしたように今月不動産投資セミナーに参加します。
その予習をかねて、本やネットで情報収集をしているので、備忘録代わりにそれをまとめておきます。

・投資用不動産のサイト
健美家
楽待
ノムコム

・なぜ不動産投資ではレバレッジをかけることが重要なのか?
→不動産投資をする最大の理由は、金融機関から融資を得ることができるから。
他人から低金利で借り受けた資金で高い賃料利回りを得られ、また一度借りてしまえば、物件価格が値下がりしても返済を迫られることもありません。株の場合、購入した銘柄が値下がりするとレバレッジの倍率が大きいと強制的にロスカットされてしまいます。FXについても同様です。

・東京都内で人口が増えているエリアは?
→世田谷区、港区、中央区、江東区、練馬区、江戸川区、千代田区、文京区、品川区、目黒区、渋谷区、杉並区。
空室リスクを避けるという意味でも人口が今後も増えるエリアが狙い目です。

・地震に強い物件は?
→新耐震法の施工(昭和56年)以降に建てられた物件。東日本大震災でも新耐震基準に基づいて建築された分譲マンションの被害はほとんどなかった。

・不動産の売買成約価格の事例公開
国土交通省の土地総合情報サービス

なぜFXのスワップ金利は低いのか?

2014.11.12 06:30|海外債券

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


先日の記事で新興国スワップFX投資と新興国債券インデックスファンド投資を比較しました。
結論としては、インデックスファンドのほうがリターンが優れているという結論になりました。

途中の検証の中で、FXスワップ金利は政策金利に比べて利回りが低いという計算が出たのですが、この理由を調べてみました。
結論としては、FXで得られるスワップ金利は翌日物金利をベースにした低金利であり、かつFX業者に手数料としてとられてしまう部分もあるため、利回りが低いからでした。
債券からのインカムゲインを狙うのならば、FXのスワップ金利よりもSMT辺りのインデックスファンドかETFを購入した方がよいでしょう。

参考
政策金利とスワップについて

不動産投資セミナーに参加します

2014.11.10 06:30|不動産・リート

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


11月中に日本財託社の不動産セミナーに参加してきます。

7月の記事では、当分不動産投資は控えようといった結論を出したのですが、その後色々考えが変わってきた部分もあるので、まずはセミナーで生の話を聞いて情報収集したいと思ったです。
具体的にどのようなことを考えたのかいうと、
・インデックスファンドの分散投資だけでは、まとまった資産を作るのに時間がかかる。
例えば、手元資産が1,000万円あり、年率5%のリターンが得られ、それが複利で増えていくとすると、10年後は約1,628万円になるわけです。もちろんインデックスファンドの分散投資は、本業を持つ普通の人にとって手間もかからないので優れていると思うのですが、10年後への資産増加スピードとしては物足りなさを感じてしまうのです。
・レバレッジつまり借金への抵抗感が小さくなった。
これは年齢のせいか周囲に住宅ローンで4,000万とか5,000万といった金額の不動産投資ではなくて(笑)、夢のマイホームを購入する人が増えてきました。僕が不動産投資をするとしたら首都圏の上限1,500万円のワンルームマンション投資を
するでしょうから、マイホームのレバレッジの割合に比べれば、ワンルームマンションのレバレッジはかわいいな(笑)と思ってきたのです。
・まとまった資産を作るためにはレバレッジを活用するのもありではないかと思った。
先の内容につながるのですが、過剰なレバレッジでない範囲であれば、レバレッジは資産形成のスピードを高めてくれます。
・インフレ対策のためにはレバレッジを効かせた不動産投資が有効だと思ったから。
詳しくは内藤忍さんのブログを見て頂きたいのですが、今まではデフレの時代で、今後インフレになるかどうかは分かりませんが、インフレ対策を考えておく必要があると思います。

セミナーの結果はまたブログでアップしたいと思います。

根拠なき投資は再現性がなく、いずれ破綻する

2014.11.09 06:30|海外債券

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


先日の記事で投資への反省をまとめました。
なんだかずいぶん偉そうなタイトルをつけましたが(笑)、これは僕自身が再確認するためにブログにまとめておきます。

一昔前は円キャリートレード、つまり新興国の高金利通貨を買って、スワップを貰う投資がはやりました。
例えば、手元資金100万円で南アフリカランドを100万円分買うと、一日辺りスワップが100円が貰えるのですが、それではスワップが少ないので、レバレッジ10倍にして1,000万円分買って、スワップ1,000円を狙いにいくのようなことです。
この場合、スワップがたくさん欲しいという願望だけで、今後為替がどちらの方向に進むか(もちろん為替の方向性を予想は難しく僕も為替の今後の動向を予想するのは諦めています。)、予想とは逆方向に進んだ場合最大どの程度まで損失が進むのかといった『根拠』がない訳です。
先の円キャリートレードは大概、ランド安の方向に進んだりするので、レバレッジを大きくしすぎるとロスカットを受けたりするわけです。
仮に都合よくランド高の方向に進んだ場合、日々のスワップにプラスする形で多大な為替差益を得ることができます。
しかし、そこに根拠がない場合、あくまでも今回は運がよかっただけですので、再現性がないわけです。再現性がないと、同じことを繰り返すといずれ破綻します。

僕もそうですが、人は勝てば気分よく自分のやり方が正しいと信じるのですが、そこに根拠はあるのか、再現性があるかどうかをよく振り返っておきたいものです。
野球界で多大な功績を残した野村監督は、
『勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし』
という名言を残していますが、投資がうまくいかない時はもちろんですが、投資がうまくいった時こそ、自分のやり方が再現性があるかどうか振り返った方がいいですね。

トルコリラ投資への反省

2014.11.08 06:30|海外債券

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


先日の記事に書いたように私は現在、トルコリラ(ドルに対して)を約30万円、南アフリカランド(ドルに対して)を約70万円分を保有しています。結論から言うと、この投資は失敗だったと思っています。

続きを読む >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。