カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

twitter

プロフィール

橘茂

Author:橘茂
旧帝国大院卒、某大企業に勤める30代です。
主な投資先は、
・オプション
・インデックスETF
・アメリカ株、リート
・システムトレード(ミラートレーダー)
です。僕自身のポートフォリオは七本の矢ファンドと呼んでいます。
七本の矢ファンド
このブログは資産運用と事業で1億円を目指す冒険の物語です。
『みんな オラに元気を分けてくれ!』

一緒に冒険の仲間になってくださる方や投資関係に興味ある方はルイーダの酒場にてお待ちしております。
ブログランキング

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お世話になっている相互リンク

当ブログはリンクフリーです。 お気軽にどうぞ。 投資・事業ブログなど相互リンクも募集中です。 相互リンクしてくださる方はぜひぜひコメントください。

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南アフリカランドとトルコリラを損切り

2015.08.18 06:30|海外債券

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


先日新興国通貨のパフォーマンスが悪いとブログにアップしました。
http://scientistdiary.blog.fc2.com/blog-entry-196.html

それ以前から新興国通貨をちょっとずつ損切りしていたのですが、未だに3000通貨の南アフリカランドとトルコリラが逃げ遅れていました。ざっくり言うと30万円ぐらいです。

続きを読む >>

スポンサーサイト

レバレッジ債券ETF投資についてのリサーチ

2015.06.06 06:30|海外債券

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


レバレッジをかけて債券ETFに投資し、インカムゲインを手に入れる投資法に以前から興味があるのですが、各種債券とそのリンクについてまとめておきます。

続きを読む >>

トルコリラポジションを損切りしました

2015.03.28 06:30|海外債券

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


トルコリラ投資への反省
新興国スワップFX投資と新興国債券インデックスファンド投資の比較

先日の記事で、ドル/トルコリラとドル/南アフリカランドへのFXへの投資が失敗だったとまとめました。
その後、ドル高と新興国通貨安が進み、損失額は拡大しました。
損失を確定するのは嫌なので、しばらく放置していたのですが、人間の感情って不思議なもので、
始めは損失によって痛みを感じたんですけど、損失がどんどん大きくなってもそれほど辛さは感じないんですよね。

続きを読む >>

野村インデックスファンド・新興国債券・為替ヘッジ型

2014.12.18 06:30|海外債券

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


野村アセットマネジメントから野村インデックスファンド・新興国債券・為替ヘッジ型とうファンドが発売されています。このファンドの特徴としては、新興国債券にもかからず為替ヘッジ型だということです。かなり珍しいタイプのファンドなんですが、この為替ヘッジについて改めて再確認したので、備忘録代わりにまとめておきます。

・わが国唯一の為替ヘッジありタイプの新興国債券インデックスファンドです。

・為替ヘッジを行っているため、為替相場の変動の影響を受けることはほとんどありません。しかも、投資対象の新興国債券は全て米ドル建てであるため、ヘッジコストもほとんどかかっていないのです。信用リスク、債券の価格変動リスクを取っていることが安定した収益の源泉なるわけです。

投資信託/海外債券型の投資信託を比較しよう
Funds-i新興国債券・為替ヘッジ型



見積書を確認すると、JP モルガン・エマージング・マーケット・ボンド・インデックス・プラス(円ヘッジベース)がベンチマークであり、
・JPモルガン・エマージング・マーケット・ボンド・インデックス・プラス(円ヘッジベース)は、JP Morgan Emerging Market
Bond Index(EMBI) Plus(USドルベース)をもとに、委託会社がヘッジコストを考慮して算出したものです。
と記述があるので、米ドル建ての新興国債券で、なおかつ米ドルに対して為替ヘッジを入れているようです。
以前紹介した新興国債券ETF(EMB)に為替ヘッジをかけたような商品ですね。

信託報酬などのコストについては、
・信託報酬
前期:75円
今期:76円
・保管費用等
前期:3円
今期:3円
今期の期中高値は12,327円で、期中安値は10,801円で、平均は11,564円のため、
今期のコスト割合=76/11,564×100=0.657%とファンドの設定している信託報酬である0.648%と概ね一致しています。

海外ETFとインデックスファンドの比較

2014.11.24 06:30|海外債券

よろしければ応援クリックお願いします!
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>


先日の記事で、米ドル建ての新興国債券ETF(EMB)を紹介しました。新興国通貨は利回りが高いのですが、値動き(標準偏差)が大きいのが一つの特徴です。この海外ETFは米ドル建てのため、発行体である新興国が為替リスクを受け取ってくれます。(当然米ドルの為替リスクはあります。)これはすごい魅力に感じる点なので、僕が現在保有しているインデックスファンドであるSMT 新興国債券インデックス・オープンと比較してみました。

・iシェアーズ J.P.モルガン・米ドル建てエマージング・マーケット債券 ETF(EMB)
米ドル建て債券
リターン:5.89%(3年) 7.30%(5年)
標準偏差:7.72%(3年) 7.44%(5年)
信託報酬:0.60%

・SMT 新興国債券インデックス・オープン
現地通貨建て債券
リターン:11.74%(3年) 6.87%(5年)
標準偏差:13.76%(3年) 13.92%(5年)
信託報酬:0.65%

やはり、3年でも5年でも値動き(標準偏差)はSMT 新興国債券インデックス・オープンの方がはるかに大きいですね。
含み損になって気分悪く過ごさなくてすむのは大きいですよね 笑
リターンは3年と5年と優劣が異なりますが、これは為替の影響が大きいのでしょう。
iシェアーズ J.P.モルガン・米ドル建てエマージング・マーケット債券 ETF(EMB)への乗り換えを検討してもよいですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。